低金利のカードローンを選んでください

多くの金融関連の会社が様々な特典を売りにして金融商品を打ち出している現在では、利用する側が自分に合っている金融商品を見極める事が最も重要になってきます。その為、自分が利用する場合のシミュレーションを申し込みの前にしっかりと行う必要があります。

三井住友銀行カードローンで最も気にしなければならない項目は金利です。カードローンには必ず金利が発生します。現在の法定金利の上限は最大で20%ですが、一般的には18%程度と考えていた方が良いです。これは年率ですので例えば10万円を18%の金利で借りたとすると、一ヶ月後に発生する金利は、10万円かける0.18わる365かける30なので約1500円程度を元金と共に返済しなければなりません。

一見して少ないように思ってしまいますが、借り入れの総額が高ければ高いほど、支払わなければならない金利分は高くなってしまいますので、カードローンを利用する場合はできるだけ低金利の金融機関を利用するべきです。

カードローンを金融商品とする金融機関は様々ですが、一般的には消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が低金利です。もちろん消費者金融の方でも借り入れ総額が高ければ低金利になる特典を設けている会社もありますが、一般的には銀行の方が最大金利でも3パーセント程度低金利です。

できるだけカードローンは低額の内に返済したいものですが、利用する場合には特に金利を気にして契約をする事が重要です。

モビットの追加融資

キャッシングの返済方法の多くは「借入残高スライドリボルビング」方式が用いられています。
この方式はキャッシングの申込をして審査で融資限度額が決まり、その範囲内であれば何度でも追加融資が受けられるというもので、返済を続けていき、枠内に余裕ができれば追加融資ができるというもので、借入残高によって毎月返済額が決まるというもので、モビットもこの方式を採用しています。

たとえば、融資限度額が50万円としたとき、すでに20万円を借りている場合、いつでも30万円まで借りることができます。
また40万円を借りていたけれど、返済を続けて借入残高が30万円になったとすると20万円までの追加融資で借りられます。

また融資限度額が少ないときは、増額申請も可能で借入れをしたあと遅延などを起こさず返済を続けていればモビットのほうから「増額しませんか?」といった案内が来るようになります。
モビットから増額案内が来るのは優良顧客といっても間違いありません。
というのもモビットもお金を貸すことで事業が成り立っているわけなので、優良顧客にはできるだけ借りてもらいたいというのが本音です。

また増額申請は一定期間返済を続けてこちらから申込もできますが、この場合気を付けなければならないのが、増額申請は再審査になります。
その間に他社借入をしていたり、遅延などを起こしていると増額どころか減額になる場合もあるので増額申請をするつもりであればそういったことがないようにしなければなりません。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

任意整理は弁護士と司法書士どちらに依頼すればよい?

任意整理の手続きは弁護士や司法書士を代理人として依頼することが出来ます。任意整理については、借金総額によってどちらに依頼するべきかが来まします。もし、借金額が140万円以下である場合には、司法書士でも手続きを代理人として行うことが出来ますので、どちらに依頼しても良いことになります。なお、この時の借金額については、個別の債権ごとの金額となります。つまり、一つではなく複数のところからお金を借りているという場合に任意整理をするという時には、借金総額が140万円を超えていたとしても、一つひとつの借金額が140万円以下であれば、司法書士でも手続きをすることが出来ます。
任意整理は債権者との交渉により、全てが決まります。そのため、借金問題に詳しい弁護士や司法書士に依頼する必要があります。依頼する際には、複数のところに相談し、これまでの実績などを確認することが大切です。また、費用についても異なりますので、必ず確認するようにしましょう。手続きについてわからないことや不安に感じることがあれば、必ず契約を結ぶ前に確認するということが重要になります。
なお、任意整理は返済額を減らすことが出来る手続きので、借金の返済が免れるというものではありません。返済するべきお金を3年程度で完済するということを目指すものであるということをしっかりと理解する必要があるでしょう。その為、安定した収入がないという場合には、他の手続きのほうが良いこともあります。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら

消費者金融でお金を借りる場合の利息について

消費者金融からお金を借りるときには利息がかかります。これは、元本に対して一定の利率で計算された金額で、貸し付けた側の利益となる物です。これがないと、貸す側は何のメリットもなくお金を貸すことになるため、貸す人がいなくなってしまいます。ただし、民法の規定では、金銭消費貸借は無償が原則で、当事者の合意がある場合に優勝となるとなっています。これは、古い考えを基にしているためそうなっていますが、現在ではむしろ逆が普通です。もちろん、きちんと契約書にて、利率についての合意はなされています。

この利率については、利息制限法に上限が定められているため、それ以上を受け取ることはできません。かつては、それでも出資法の上限までは合意で受け取れることになっていましたが、判例で否定された結果、現在ではそのような行為は違法となります。現在では、貸付金額に応じて15パーセントから20パーセントが上限となります。ただ、多くの消費者金融業者は、100万円未満の融資は18パーセントに設定しているため、上限以下に設定しています。また、貸付額が大きくなるにつれて、その利率も下がっていくように設定されています。

消費者金融でお金を借りる場合には、以上の利息がかかることを前提に利用しましょう。当然、借りる金額が大きいと、その分利率による影響が大きくなるため、返済する額が大きくなっていきますし、元本がなかなか減らないという事態にも押し入りますので注意しましょう。
参照サイト