消費者金融でお金を借りる場合の利息について

消費者金融からお金を借りるときには利息がかかります。これは、元本に対して一定の利率で計算された金額で、貸し付けた側の利益となる物です。これがないと、貸す側は何のメリットもなくお金を貸すことになるため、貸す人がいなくなってしまいます。ただし、民法の規定では、金銭消費貸借は無償が原則で、当事者の合意がある場合に優勝となるとなっています。これは、古い考えを基にしているためそうなっていますが、現在ではむしろ逆が普通です。もちろん、きちんと契約書にて、利率についての合意はなされています。

この利率については、利息制限法に上限が定められているため、それ以上を受け取ることはできません。かつては、それでも出資法の上限までは合意で受け取れることになっていましたが、判例で否定された結果、現在ではそのような行為は違法となります。現在では、貸付金額に応じて15パーセントから20パーセントが上限となります。ただ、多くの消費者金融業者は、100万円未満の融資は18パーセントに設定しているため、上限以下に設定しています。また、貸付額が大きくなるにつれて、その利率も下がっていくように設定されています。

消費者金融でお金を借りる場合には、以上の利息がかかることを前提に利用しましょう。当然、借りる金額が大きいと、その分利率による影響が大きくなるため、返済する額が大きくなっていきますし、元本がなかなか減らないという事態にも押し入りますので注意しましょう。
参照サイト