低金利のカードローンを選んでください

多くの金融関連の会社が様々な特典を売りにして金融商品を打ち出している現在では、利用する側が自分に合っている金融商品を見極める事が最も重要になってきます。その為、自分が利用する場合のシミュレーションを申し込みの前にしっかりと行う必要があります。

三井住友銀行カードローンで最も気にしなければならない項目は金利です。カードローンには必ず金利が発生します。現在の法定金利の上限は最大で20%ですが、一般的には18%程度と考えていた方が良いです。これは年率ですので例えば10万円を18%の金利で借りたとすると、一ヶ月後に発生する金利は、10万円かける0.18わる365かける30なので約1500円程度を元金と共に返済しなければなりません。

一見して少ないように思ってしまいますが、借り入れの総額が高ければ高いほど、支払わなければならない金利分は高くなってしまいますので、カードローンを利用する場合はできるだけ低金利の金融機関を利用するべきです。

カードローンを金融商品とする金融機関は様々ですが、一般的には消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が低金利です。もちろん消費者金融の方でも借り入れ総額が高ければ低金利になる特典を設けている会社もありますが、一般的には銀行の方が最大金利でも3パーセント程度低金利です。

できるだけカードローンは低額の内に返済したいものですが、利用する場合には特に金利を気にして契約をする事が重要です。