クレジットカードの借金もおまとめローンで一本化できるの?

消費者金融などの金融会社や銀行などが、複数の借金を低利で一本化するおまとめローンのサービスを行っています。一般的に消費者金融のカードローンでは高利で少額の融資のサービスが行われます。少額で複数の会社から借入がある場合には、高利で多額の借金を返済しなければならなくなってしまいます。おまとめローンを利用して借金を低利で一本化できれば、毎月の返済が楽になります。
消費者金融からの融資だけでなく、クレジットカードのキャッシングサービスやショッピングのリボ払いでも高利での貸し付けが行われています。キャッシングの金額が少額であれば利息も少額で済みますが、複数の会社から融資を受けている場合にはクレジットカードの返済もかなりの負担になります。おまとめローンで、クレジットカードの利用分も含める事ができれば、返済が楽になる人が大勢います。
結論から言うと、おまとめローンでは消費者金融などの融資に加えてクレジットカードのキャッシング利用分も一本化が可能です。クレジットカードのキャッシング枠も、貸金業法で定められた総量規制(年収の1/3)の範囲に含まれるからです。クレジットカードのキャッシング利用分も含めて、おまとめローンを利用しても総量規制で定められている融資が可能な範囲を超えることがないからです。これに対して、クレジットカードのショッピング枠は貸金業法の範囲外となってしまいます。そのため、ショッピング利用分もおまとめローンに編入すると、融資残高が総量規制の範囲を超えてしまう恐れがあるからです。
但し、銀行のおまとめローンは貸金業法の総量規制が適用されないので、ショッピングのリボ払いも含めて借り入れることができます。
みずほ銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら